【YouTube】ちっちゃいエコバッグを作ろう!

今日の動画です。
前回のパウダーアイロンシートのプリントがキレイにできたので、
ドールが持てるオリジナルエコバッグを作ってみました。


口の部分にステッチを入れて、持ち手をつけて、脇を縫うだけ。
超~簡単な作り方です。
持ち手は、ひもやリボンでも可愛いかも。


図書館帰りに、家まで我慢できなくて途中で読み始めちゃう感じ。
(しかも下巻から)


本はぜんぜん入らないんですけどね。
マチを付ければよかったかな~。
でもそれだと、大きくなってしまってドールが持ちづらいと思うんです。


兵長が持つと、大学生っぽい。

アイロンプリントのおかげで、
オリジナルグッズが作れて満足です。
いろんな柄のエコバッグを作ってみたくなりました!

【YouTube】Tシャツプリント研究・アイロンプリント編

今回から、新シリーズをはじめました。
「Tシャツプリント研究」、略して「Tプリ研」です。

子鹿ちゃんという、イメージキャラクター(?)が爆誕して以来、
これでオリジナルのTシャツを作れたらいいなぁと、ずっと思っていました。
布に絵柄をプリントする方法はいろいろあるので、
それをできる範囲で試していきたい!という趣旨です。

初回は、定番のアイロンプリントです。
愛用してきた白地のアイロンプリントと、
新技術のパウダープリントシートというものを見つけたので、2種類を試しました。

パウダープリントシートは、クイックアートさんという会社から出ている新技術で、インクジェットプリンタで出力した絵柄に、専用のホットメルトパウダーをまぶして布に圧着するというものです。インクの部分だけが転写されるので、既製品のような出来栄えになります。
詳しくは公式サイトをご覧ください。
https://quick-art.com/powderprint/

※注意事項ですが、パウダープリントシートはインクジェットプリンタの顔料インク専用です。主流っぽい染料インクではうまくいかないようです。
ご検討されている方は、ご自宅のプリンタをご確認ください。

やってみた感想ですが、
白・淡色無地の生地に、線画をプリントする場合はとてもきれいにできます。
1pxも無いような細い線や、線の強弱も忠実に布にプリントされます。

サイトにもありますが、ベタが多い図柄は苦手なようです。
動画ではフルカラーの子鹿ちゃんのプリントにチャレンジしていますが、
滲みが強く出てしまっています。
解像度高めで、描画線を強めにするといいのではないかと思っています。

また、濃い色の生地もダメでした。(パッケージにも明記されています)
これは、インクジェットプリンタで印刷する際、白が印刷されないためです。
それはわかっていたのですが、黒地に黒いプリントって、カッコいいな~と思っていたのです。

でも実際にプリントしてみると、糊が目立ってしまっていました。
白い粉をもうちょっと丁寧にはたき落とすなどすれば、もしかしたら改善するかもしれません。粉をふりかけるさじ加減や、はたき落とす加減など、練習が必要そうです。

いろんな生地に試しましたが、白、ピンクはとてもきれいです。
一番気に入ったのがグレーの生地で、地の編み目などもよく見えて、とてもカッコよく仕上がったと思います。

せっかく始めたTプリ研ですので、
いろいろなプリント方法を試していきたいとおもいます。
次回は布用スタンプを予定しています。
なにかいいやり方がありましたら、ご教授くださいまし。

パウダープリントシート

アイロンプリント

動画内で使っている、顔料インク専用のプリンタ

【型紙】ちっちゃいパーカーをつくろう【オビツ11】

リクエストをいただいたので、プルオーバーパーカーの型紙をアップしました。
だいぶ前につくった型紙で、原型からつくっていません。
不満な点もありますが、よろしければご利用ください。
型紙ご利用に際しましては、事前に利用規約をお読みください。

 

型紙には、簡単な作製手順を載せてありますが、詳しいレシピは載せていません。
つくり方はこちらの動画を参照してください。
https://youtu.be/QIi4IdqyNqo

また、パーカーについては「手縫いでもできる?」というご質問を多くいただくのですが、もちろんできます。
↑画像のグレーのパーカーは、手縫いでつくりました。
ニット用の伸縮する糸を使い、着脱の時に伸びる部分は返し縫で縫うといいと思います。

つくり方のご質問や、型紙についてのご不明な点は、このエントリーのコメントか、上記動画のコメントからお願いします。
※すぐには対応できない場合があります。