ふよふよねんど【YouTube】

Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2より浪巫謠(ろうふよう)(Rou Fu You)のねんどろいど が届きましたので、開封して遊んでみました。

ロウたんめっちゃ可愛いです!
殤サマを追って東離に来てしまうし、
線が細そうにみえて、戦うとすごく強いし、あと優しい。
見た目と声の低さのギャップ。無口キャラとか~(‘Д’)

1の宝塚版を観たあと、2のテレビ版を観たのですが、1話目でいきなりロウたんはまりましたねー( *´艸`)

凜雪鴉と相性が悪いあたりも、すごく好き。
たぶん、ロウたんにも、 凜雪鴉の食指がうごくものなんて何一つ持ち合わせていないんだろうなぁと思いますが、ロウたん側からは敵意むき出しで可愛い。
なんのかんの、さいごは共闘していたし。

動画に入れ忘れていた、ゆ~ぽんface

セット内容はシンプルに
フェイス2こ、リョーガ君、腕2本と手首パーツだけでした。
欲を言えば、
目を閉じたフェイスと、あと変形後のリョーガ君も付けてほしかった…。
殤サマには、破れた傘、魔剣目録、抜刀した剣と納刀が付いていたというのに。
目を閉じたフェイスは、「見て確かめるまでもなく!」という名シーンの再現に必要ですしー。
あと、動画でも苦戦していましたが、リョーガ君持ちにくい!!
ロウたんの攻撃には、リョーガ君でダイレクト殴打、リョーガ君をかき鳴らす音波攻撃、刀に変形しての攻撃とあるけど、それのどれもが再現できない~。ダイレクト殴打は頑張ればできるかな。

台湾っぽい背景が無く、やむなく和室で頑張るお二人。

ねんどろ凜雪鴉も欲しくなってきたけど、ちょっと見ない間にすごい値上がりしてしまっている!
4桁のうちに買っておけばよかったかなぁ。殤サマも、じわりじわりと値上がりしてきてますね~。

ねんどろいど用マスクをつくろう!【YouTube】

何番煎じかわかりませんが…(‘Д’)
ねんどろいど用のちいさいマスクをつくりました!

冬に買っておいた使い捨てマスクが底をつきはじめ……
手作りマスクの材料も品薄状態のなか、約1年前にミニコロちゃんにつくったワンピースのガーゼ生地が残っていたので、それでマスクをいくつか作ることができました!!(シカシ、マスクゴムが手に入らないというね)
布をためこんでいると、良いこともあります。時々。

今回の動画は、はじめて有料編集ソフトを使って編集してみました。
「Filmora9」という初心者~中級者向けのソフトです。
もっさりダサめな動画が、わがチャンネルの持ち味と今や思っていますが、ところどころオシャンティな要素が入っているのはそのためです。

いままでは、Aviutlという有名なフリーソフトを使っていました。
このソフトは本当に多機能+世界の有志の方々が拡張機能やいろんなエフェクトなどを作ってくださっていて、その気になればなんだって実現できる!というものです。
動作も軽くて、私の10年物のオンボロノートでも動作するという神ソフトが、なんと無料で使える!ということで、ありがたく利用させていただいていました。

しかし、さながら増築に増築を重ねた九龍城のようなソフトで(いい意味で)、やろうと思う結果を出すために、長時間調べこんだり試行錯誤をすることが多く、もっとサクッと編集出来たらなぁと思っていました。
気づけば、70本ほど動画を出していますが、私の編集技術の成長がまったく見込めないので、今回編集ソフトを替えてみました。

いざ使ってみると…予備知識ナシで、なんとなく使えてしまうという工夫されたUIや、2クリックほどでできてしまう再生速度変更、ボタン一つでオシャレなトランジションなど、楽しく編集を進めることができました。
Aviutlでは当たり前にできていたいくつかの機能が無かったり、
(いくつかの要素だけをシーンとしてエクスポートし、再利用する機能、タイムラインをマウスホイールでコロコロしてスクロールする機能など)
戸惑いもありましたが、せっかく買ったので、しばらくは使ってみようと思います。
なにより、エンコード時間が大幅短縮されたのが嬉しいです。いままでは10分程度の動画で3~4時間かかっていたのが、1時間ちょっとで終わってしまいました。(なんでだろ)
これで、もっとサクサク動画が出せたらいいな(*‘ω‘ *)

ほとんど編集ソフトの話しかしてませんでしたね。すんません。


【YouTube】ゆく年くる年…

年末年始、いかがおすごしですか。
大晦日ということで、反省と目標などを掲げてみました。

2019年は、とくに9月からこっちが、いろいろと大変でした。
仕事でバタバタしたり、体調くずしたり、ストレスためたり。
ヲタ活的には、けっこう有意義に楽しく過ごしたんですが…。
体調やスケジュール管理も含めて、いろいろと反省の多い年となってしまいました。

動画の中でも言ってますが、2020年は無理せずコツコツと……
楽しく頑張りたいと思います。
やはり、ソーイングやクラフトはかなりのストレス解消になります。
そういった楽しい動画もシェアしていきたいです。

今回、背景で編んでいたニット帽ですが、↑こんなのが出来上がりました。
Opal毛糸のニット帽で、ひとつひとつ柄の出方が異なるのが特徴です。
動画内で編んでいたものは、赤が多めになりました。

糸は、Opal毛糸のモネver.です。
手芸屋さんでラス2でした。赤系がいいなぁというのと、柄がこまかくてドール向きかなということで選びました。

こちらは前に販売した色違い。

これだけだとまだまだ未完成で、
オリジナルのタグとファーボンボンを付けて、出来上がりとなります。

出来上がりイメージ

お友達のおうちのなでしこちゃんに試着してもらいましたが、
出来上がりはこんな感じです。
マフラーとセットになります。

通販はBOOTHで行います。
https://chicchai.booth.pm/
※お買い物には、会員登録が必要です。

準備ができましたら、こちらのブログでご案内します。
春までのんびり販売する予定です~(*´▽`*)

そんなこんなで、令和元年最後の日を迎えてしまいました。
来年も、ちっちゃいものクラブをどうぞよろしくお願いいたします。
みなさま、よいお正月を!

【YouTube】オビツろいどのつくり方・改良版

オビツろいどとは…
ねんどろいどのヘッドとオビツ製作所から出ている「オビツ11」という素体を組み合わせてつくる、好きなキャラクターのドールのことです。(たぶん)

前にいちど、作り方の動画を出したことがあるのですが、
今回は違うやり方を思いついたので、やってみた~という動画です。
前のやり方に比べて、首の安定感がよくなった気がします。

お友達の家から留学しているサスケェ

用意するものは…
・ねんどろいど
・オビツ11ボディ
・オビ球
・グルーガン
・ねんどろいどの首のパーツ(予備が必要な場合)

ねんどろいどの首のパーツというのは、ねんどろいどの顔と後ろ髪を接続するパーツのことで、ねんどろいど300番以前のものにはついていないパーツみたいです。
要は、この首のパーツに径の合わないオビ球をグルーガンでくっつけて、固定してしまおう!というやり方です。
詳しいやり方は、動画をご覧ください。

ねんどろいどに戻したりして遊びたい場合は、このパーツが余分に必要になりますので、事前にご確認を!

ねんどろとオビツろいどの付け替えは簡単になりました!

ただし、デメリットも。
・ヘッド側の軸が固定されてしまうため、可動域が狭くなる。
・グルーガンでの接着。耐久性が未知数。
・ねんどろに戻したい人は、パーツを余分に入手する必要がある。

などです。
うちのオビツろいどは、ボディ2つを共用しているので、出ていない子はねんどろいどに戻っています。しょっちゅう入れ替えをするので、この方式のほうが合っていると思います。

首のパーツは、メーカーでは販売していません。
「ねんどろフェイスメーカー」を注文すると付いてきたり、「ねんどろいどどーる かすたむヘッド」に付いてきたりするので、それを活用する感じです。

サスケさんかっこいいです。
黒が似合いそうなので、黒のパーカーとか作って、それを着せてお返ししようと思っています。

突然のドアラさん

ある日、ドアラさんが刺さりました。
プロ野球はあまりよくわからないのですが、ドアラさんが気になって中継を見たりラジオを聴いたりするように。
ちょっと5月病っぽくなっていたのですが、ドアラさんに助けられました。
やはり可愛いものは心を癒してくれますね~。名古屋に行きたい~(‘Д’)

机の上がカオス…

そういえば、ちっちゃいものクラブのチャンネルが
登録者数3000人を超えました!
登録してくださっている方、ほんとうにありがとうございます。
今後も、こんな感じのちまちま更新だと思いますが、少しでも楽しんでいただけたら幸いです。

【YouTube】ネコ耳ポンチョにシッポ付けた

ネコ耳ポンチョが仕上がった矢先、ガチャでポンチョを見つけたので2回ほどやってみました!
「ねこさんとうさぎさんのケープ イースター」というガチャでした。
明らかにねんどろヘッドを狙ったかのようなサイズ感・パステルカラーのネコ耳&ウサ耳というラインナップで、これはガチャるよね…。

ミニコロちゃんが持ってるリュックは、同じシリーズの「ちまっとミミリュックイースター」ってやつです。オビツ11にちょうどいいかな~と思っていたんですが、ちょっと大きめでした。ブライスとかリカちゃんにちょうど良さそうなサイズでした。

リュックを無理やり使うマトリョーシカ・チェブラーシカ

ポンチョも実は、兵長と一松にはちょっと大きめ。
でも最近出ているねんどろは、ヘッドがけっこう大きい子が多いので、ちょうどいいのかも~(‘Д’)
いや、でもこれで1回400円なら、かなりコスパはよいと思いますワ。

このイースターポンチョにシッポが付いていて、可愛いなーと思ったのでマネしてみることに。
引き抜き編みで簡単に作ってみましたが、ちょっと細かったので2本どりで編んでいます。先っちょが曲がってしまうのは仕様…。シッポは下に垂らしても可愛いと思います。

ポンチョ編んでみた方は、ぜひシッポも付けてみて下さいね!

ほかにもいろんな種類があるシリーズでした。
知らなかったな~(*‘ω‘ *)

【YouTube】ぽんぽんメーカーで、帽子のもふもふをつくる

前回の動画でつくった、2目ゴム編みの帽子に、いろいろと飾り付けをしました。
クロバーの「スーパーぽんぽんメーカー」を使ってみました。
こんなもの、ボール紙とかに巻き付けて作ればいいじゃん!と思っていましたが、ほとんど形を整えるまでもなく、丸くきれいに仕上がりました。
やはり専用の道具は強いです。

ですが、ミニコロサイズの小さめぽんぽんがどうしてもうまくできず、
こちらはボタンとビーズを付けました。
ビーズは、いつぞやのパーツクラブの福袋に入っていたもので、ずっと在庫になってしまっていたものです。活用できてよかったです。

ほかにも、小さめのブローチとかかぎ針でお花とか作っても可愛いかも。
写真↑は、お友達がつくったフェリシモのかぎ針編みです。丸く編んだものを組み合わせるだけで、可愛いアクセサリーになるんですねー。

けっきょく、動画の中でできたのはこの4つですが、
また編むのにハマってしまって、いくつも増産しています…。
帽子ばかり作っても仕方ないですが、楽しいです。

ミニコロちゃんの旅支度は、これからまだまだ作るものがあるのですが…。
出発に間に合うのでしょうか。次回は、スカートを作りたいと思っています。
スカート!ちっちゃいものクラブ初の、スカート製作です。大丈夫だろうか。

2018年も、もうすぐ終わりですね。
今年の動画更新は、これで最後になります。
よいお年をお迎えください。来年もよろしくお願いいたします。

【YouTube】ねんどろいどどーるが届きました

2018年7月16日に予約注文していた、「ねんどろいどどーる」が届きました!
嬉しくてさっそく開封しています。

動画内でも言っていますが、ヘッドの安定感はすごくいいです。
ねんどろはヘッドがかなり重いので、オビツ11の首回りや各関節の強度とちょっとバランスが悪いんですが、ねんどろいどどーるはさすが専用ボディです。

あと、オビツ11ように関節のギシギシ音もまったくしないし、ボディを改造する必要もないし、かなりいい商品だと思います。
これからねんどろをドール化しようとしている方にはいいんじゃないかなー。
ただ、服がオビツ11用だとちょっとぶかぶかします。試してませんが、ピコニーモの服とか入っちゃうんではないかな。

自作のTシャツとジーパンを着せてみたら、こんな感じでした。
でも、私の型紙がちょっと大きめなようなきもしますので、
もうちょっとフィットするように作れば、けっこういけるんじゃないかなぁと。
手足の長さはどうしようもないですけどね…。
ジーパンに関しては、ブーツを履いちゃえば全然気にならないです。


ちなみに、パーカーを着せてみたらかなり大きくて、ただの彼パーカーです。
もともとオビツ11でもかなりもっさりめに作ってあるからかと。ウーム。


ねんどろいどどーる、女の子も買ったのですが
いかんせん女の子のねんどろいどを持っていないため、ミニコロちゃんにつけてみました。
ミニコロちゃんはもともと、オビツ11に合わせて作られたヘッドなので、そちらのほうがピッタリなんですが、ねんどろいどどーるもなかなか可愛いです。
とくに女の子らしいポーズや、小さい手足のパーツがかなり好み。

ただし、このままだとエクソシストばりにヘッドがぐるんぐるんしてしまいます。ジョイントをなんとか固定する工夫をすれば、ふつうに使えるのでは~。
片方のミニコロちゃんをねんどろいどどーるにして、身長差で姉妹にするとか…。ふぁぁぁぁ。

ねんどろいどどーるに関しては、公式サイトをご覧ください。
https://www.goodsmile.info/ja/nendoroiddoll


来週あたり、ちょっとしたお知らせができると思います。
それでは、また~