ちっちゃいダウンベストをつくろう!

裏地が花柄の、カワイイダウンベストを作ってみました。
ずっと前から作りたかったんですけど、やっとできあがりました。
表地に良い生地がみつかったので、可愛くできたと思います。

今回はキルティングということもあり、布端を表に出さない作りにしました。
縫う手順がけっこうむずかしくて、なんどもやり方を変えて試作しましたワ。まあ、それが楽しいんですけど(*´з`)

あと、動画でつかっているホットフィットですが、4㎜ほどありました。
もうすこし小さいほうがホックの感じがでるかなぁと思って、あとからつくったカーキは2㎜のものが付いています。個人的にはこっちのほうが好みです。

型紙はこちらからダウンロードしてください。
※型紙のご利用に際しては、利用規約を必ずお読みください。

井の頭公園に兵長をつれてお出かけ…。
この公園には、池を囲むようにしてベンチがたくさん置いてあり、
それぞれの距離が絶妙で、まさに恋人たちが語らうのにぴったりなロケーションでした(*’▽’)
兵長出して写真パシャパシャしても、あんまり目立ちませんでしたし。
フフフ…(‘Д’)
みなさん、読書をしたり楽器の練習をしたり、自由に過ごされてました。

お正月ぶりのお外ロケでしたが、楽しかったです。
自然のなかのお散歩で、気分リフレッシュできました!
とちゅう、劇団つきかげぷらす一角獣のチャリティ公演会場や、マヤが中学生のころバイトしていたと思しき売店や(あれ、上野公園のほうだっけか)ガラスの仮面ヲタとしても、かなり楽しめました。
孤独のグルメでも井之頭ゴローちゃんが立ち寄ってましたよね。苗字つながりかな。

今回はネイビーとカーキを作りましたが、黒やグレーもかわいいかな。
なんかひとつ型紙ができると、いろいろとバリエーションを作ってみたくなってきます。裏地のリバティが廃盤みたいで、ほかの柄を探さないとなぁ…。
あと、ねんどーるサイズもつくりたいです。あーやりたいこといっぱい(*’▽’)

昔つれてってもらった超おいしいもつ鍋屋さんの名前が思い出せません。

とてもちっちゃいプラホック【YouTube】

ちっちゃいシャツをたくさん作る動画で、尺の関係でご紹介できなかったプラホックについての動画です。

シャツをつくるにあたって、開きをどうするかなー…とずっと悩んでいました。
前立て部分を縫い込んでしまい、背中で開くようにするドール服もたくさんあります。
むかし初めてつくったシャツ動画のときは、開きをつくらずにヘッドと腕を外して着せ付けるようにしていました。

今回ご紹介した4㎜のプラホックは、私が探した中で最小です。
上記Amazonリンクは、私が買ったお店ではありませんが同じものだと思います。(黒もあった)
入手性はよくないのですが、検索すればほかにも販売店は見つかると思います。

くっつく力は弱めですが、今回のようにシャツの前立てをちょっと留めるくらいの用途なら十分だと思います。耐久性とかが気にはなりますが、同じスナップをつかったシャツを兵長が1年くらい着ていますので、ひんぱんに開け閉めしなければ大丈夫だと思います。

ただ、動画で説明しているように、穴がものすごくちいさいので、普通の縫い針では通りません。
ビーズクラフト用の、とても細い針を使用しました。

結局クロバーのしっかりめ方を使用しましたが、スナップに個体差があって、通らないものもありました。

厚みの比較…

いままで私がドール服づくりに使用していたスナップボタンです。
4㎜のものにくらべると、やはりどれも大きく見えますね。
ですが、経験則からいえば大きさよりも薄さ!だと思っています。

prym透明プラスナップボタン7㎜

動画の最後にお勧めしまくっている、右端の7㎜のものは惚れ惚れするくらい薄いです。閉じしろを大きめにとる必要がありますが、背中開きのものなどはコチラを使っています。
prymというメーカーのドイツ製のものですが、Amazonにリンクが無かったので検索してみてください。

5㎜ドール用プラスナップ

左から2番目のものは、ドール服の材料をそろえているお店で購入したのですが、残念ながら持っている中では一番大きく、厚いです。留まる力も強力で、薄い生地や小さいものが多いドール服には不向きでは…?と思っています。
なにより、なぜ四角なのか……5㎜のスナップとして売られていましたが6㎜あるし、対角線の大きさは8㎜ほどにもなります。ウーン。
でも、しっかり留める必要のあるパーツには、重宝すると思います。たとえば、浴衣の帯を留めるところに使用するとか、スナップの大きさや厚みが気にならない場所には、むしろコレがいい気がします。

金属製のスナップは、Gondola5㎜スナップボタンです。
7㎜のドイツ製プラスナップを見つける前は、ずっとこちらを使っていました。
さすがの金属製で、付け外しもスムーズです。厚みはまあまあですが、とても小さいので、ドール服には適していると思います。ちょっと大きめの手芸屋さんには普通に売っているので、手に入れやすいです。たしか、黒もあったと思います。

いろいろと蘊蓄を披露してきましたが、こういった資材探しもドール服づくりの醍醐味だと思います。小さいパーツなどは、ふつうに手芸屋さんで探してもあまり見つかりません。ネット上には専門店もありますので、探してみてください。
実店舗でのオススメは、Okadaya新宿店です。輸入物のカワイイボタンなんかも充実していて、いちばん揃っているんじゃないかなーと思っています。
もう、小さいってだけで可愛いので、買い過ぎにはご注意です(*^-^*)

ちっちゃいいろんな柄のシャツ【YouTube】

久しぶりに本格的なミシン動画をつくってみました。
むかし作って、ほんのり失敗していた「ちっちゃいふつうのシャツ」の型紙に手を入れたものです。

型紙はこちらからダウンロードしてください。
※型紙のご利用に際しては、利用規約を必ずお読みください。


すこし前からこの企画をやろうと、小さいボタンなどを仕入れていたのですが、やっと実現することができました。
生地は、おうちに眠っていたたくさんの生地から、シャツによさそうなものを選んでみました。
サムネイルの水玉の生地は、ずっと前から兵長が愛用しているシャツの生地です。
兵長の着ているものは腕まくりバージョンで、カフが付いていません。こちらはこちらで良いと思います。長い袖のものも腕まくりできると楽しいですが、小さくてちょっと無理でした。

サムネ用写真。こっちのほうがよかったかな…

ピンクと水色の派手な模様と、見えにくいですがベージュの花柄のものはリバティプリントです。
今回いろんな生地をつかいましたが、扱いやすさではリバティが圧倒的によかったです。薄くても張りがあって、縫う時の取り回しのよさが素晴らしかったです。目が細かいので、仕上がりもきれいです。
ストライプのものと、上の写真の右上のベージュのものは、シャツ用の生地です。ちょっと厚めかなぁと思いましたが、できあがったあとの”シャツ感”がいいです。ベージュのほうは、友達のお母さまからいただいたもので、縫製工場ででたハギレだそうです。私は結構好きな柄ですね。

ドール用のボタン

今回使ったボタンは、ドール用として売られていた4㎜のものです。
3㎜のものも見たことがありますが、シャツとしては4㎜がちょうどいいかなと思います。
「ドール ボタン」とかで検索すると、いろいろ見つかると思います。
あとはビーズとか、ジーパンの時に使ったホットフィットとかでも面白そうです。実際にボタンをかけるわけではなく、開け閉めはスナップボタンでするので、そこらへんは自由に遊べます。

スナップボタンについては、別動画でご紹介する予定です。
(いろいろ大変でした)

チャンネル登録&ご感想など、お待ちしています(*^-^*)

オビツ11かんたんセット【YouTube】

オビツろいどをせっかく作ったのに、着せるものが無くって、しばらく裸だった…!という苦い経験をもとに、お裁縫初心者の方も楽しく作ってもらえるよう、簡単なTシャツとパンツの型紙をつくってみました。
柄違いや、こすって転写するタイプのプリントを使って、いろいろアレンジもできますヨ。

チャンネルのコミュニティにも書きましたが、
こんな感じのTシャツとパンツのセットです。
春夏によさそうな、半そでTシャツに、コットン素材の8分丈パンツです。

型紙のダウンロード

型紙はこちらからダウンロードしてください。
※型紙のご利用に際しては、利用規約を必ずお読みください。

準備編

作製に入る前に、材料や道具のご紹介をしています。
なるべく100均でそろえたかったですが、やはり生地は手芸屋さんで探した方がいいものが手に入るようです。
楽天にもたくさん生地屋さんが出店していますので、お気に入りのお店を探すのも楽しいです。
私からは、10cmからカットしてもらえるOkadayaさんをオススメしておきます。

かんたんパンツ編

Part1……型紙切り取り、裁断、裾、ダーツ縫い
Part2……前中心縫い合わせ、ベルト、後ろ中心縫い合わせ
Part3……股下縫い、面ファスナー貼り付け、完成!、アレンジ例紹介

☆各動画の概要欄に目次を付けてあるので、お急ぎの方は飛ばしながら見てください。

縫う部分が意外と多いやん!と思う方もいらっしゃると思いますが…。
実は表に見えないところしか縫っていないので、気負わずに、くっついていればいいやくらいの感覚で気楽にやってみて下さい。
Tシャツ編は、縫う部分は圧倒的に少ないのですが、生地が扱いづらいので難易度的にはちょっと上がります。

かんたんTシャツ編

Part1……裁断、しるし付け、裾の処理、袖口の処理
Part2……襟ぐりの処理、後ろ開き、デコ、脇縫い、面ファスナー、アレンジ例

☆各動画の概要欄に目次を付けてあるので、お急ぎの方は飛ばしながら見てください。

Tシャツ編、遅くなりました。
ニット生地は……「伸びる」「張りがない」「折り目が付きづらい」など、
かなり扱いづらい生地だったと思います。
これについては数をこなしているうちに慣れてくると思いますので、いくつも作ってみて下さい。Tシャツはたくさんあっても大丈夫!

おわりに…

準備編、パンツ編、Tシャツ編とお送りしてきましたが、いかがだったでしょうか?
なにか質問がある場合は、各動画のコメント欄にお願いします。
つくってみた感想などもいただけると、大変うれしいです。

【YouTube】オビツろいどのつくり方・改良版

オビツろいどとは…
ねんどろいどのヘッドとオビツ製作所から出ている「オビツ11」という素体を組み合わせてつくる、好きなキャラクターのドールのことです。(たぶん)

前にいちど、作り方の動画を出したことがあるのですが、
今回は違うやり方を思いついたので、やってみた~という動画です。
前のやり方に比べて、首の安定感がよくなった気がします。

お友達の家から留学しているサスケェ

用意するものは…
・ねんどろいど
・オビツ11ボディ
・オビ球
・グルーガン
・ねんどろいどの首のパーツ(予備が必要な場合)

ねんどろいどの首のパーツというのは、ねんどろいどの顔と後ろ髪を接続するパーツのことで、ねんどろいど300番以前のものにはついていないパーツみたいです。
要は、この首のパーツに径の合わないオビ球をグルーガンでくっつけて、固定してしまおう!というやり方です。
詳しいやり方は、動画をご覧ください。

ねんどろいどに戻したりして遊びたい場合は、このパーツが余分に必要になりますので、事前にご確認を!

ねんどろとオビツろいどの付け替えは簡単になりました!

ただし、デメリットも。
・ヘッド側の軸が固定されてしまうため、可動域が狭くなる。
・グルーガンでの接着。耐久性が未知数。
・ねんどろに戻したい人は、パーツを余分に入手する必要がある。

などです。
うちのオビツろいどは、ボディ2つを共用しているので、出ていない子はねんどろいどに戻っています。しょっちゅう入れ替えをするので、この方式のほうが合っていると思います。

首のパーツは、メーカーでは販売していません。
「ねんどろフェイスメーカー」を注文すると付いてきたり、「ねんどろいどどーる かすたむヘッド」に付いてきたりするので、それを活用する感じです。

サスケさんかっこいいです。
黒が似合いそうなので、黒のパーカーとか作って、それを着せてお返ししようと思っています。

突然のドアラさん

ある日、ドアラさんが刺さりました。
プロ野球はあまりよくわからないのですが、ドアラさんが気になって中継を見たりラジオを聴いたりするように。
ちょっと5月病っぽくなっていたのですが、ドアラさんに助けられました。
やはり可愛いものは心を癒してくれますね~。名古屋に行きたい~(‘Д’)

机の上がカオス…

そういえば、ちっちゃいものクラブのチャンネルが
登録者数3000人を超えました!
登録してくださっている方、ほんとうにありがとうございます。
今後も、こんな感じのちまちま更新だと思いますが、少しでも楽しんでいただけたら幸いです。

【YouTube】ネコ耳ポンチョにシッポ付けた

ネコ耳ポンチョが仕上がった矢先、ガチャでポンチョを見つけたので2回ほどやってみました!
「ねこさんとうさぎさんのケープ イースター」というガチャでした。
明らかにねんどろヘッドを狙ったかのようなサイズ感・パステルカラーのネコ耳&ウサ耳というラインナップで、これはガチャるよね…。

ミニコロちゃんが持ってるリュックは、同じシリーズの「ちまっとミミリュックイースター」ってやつです。オビツ11にちょうどいいかな~と思っていたんですが、ちょっと大きめでした。ブライスとかリカちゃんにちょうど良さそうなサイズでした。

リュックを無理やり使うマトリョーシカ・チェブラーシカ

ポンチョも実は、兵長と一松にはちょっと大きめ。
でも最近出ているねんどろは、ヘッドがけっこう大きい子が多いので、ちょうどいいのかも~(‘Д’)
いや、でもこれで1回400円なら、かなりコスパはよいと思いますワ。

このイースターポンチョにシッポが付いていて、可愛いなーと思ったのでマネしてみることに。
引き抜き編みで簡単に作ってみましたが、ちょっと細かったので2本どりで編んでいます。先っちょが曲がってしまうのは仕様…。シッポは下に垂らしても可愛いと思います。

ポンチョ編んでみた方は、ぜひシッポも付けてみて下さいね!

ほかにもいろんな種類があるシリーズでした。
知らなかったな~(*‘ω‘ *)

【編み図】ネコ耳ポンチョPart2【YouTube】

ネコ耳ポンチョの作り方2回目です。
フード部分~ネコ耳付けで、完成です。
ちょっと尺が長くなってしまいましたが、ぜひ最後までご覧ください。

Part1をまだご覧になっていない方は、こちらから→Part1の記事
編み図のダウンロードはこちら↓からどうぞ。

※編み図のご利用に際しましては、事前に利用規約をお読みください。
(型紙と同じ規約になります。)

動画の最後のほうでご紹介している、Opal毛糸Ver.です。
以前販売した、モフモフニット帽&マフラーセットの残りを使ってみました。
どうだろう。ハワイとかで売ってそうな雨合羽みが出たと思うんですが…。
色はキレイですが、やっぱりホワホワした手触りのスーリーアルパカのほうが合ってる気がします。
それにしても…Opal毛糸って、使っても使っても減った感じがしないなー(*‘ω‘ *)

ミニコロちゃんも着れました!
というか、ミニコロちゃんのほうが似合っている気が…。女の子だからかな。
こちらもリボンを付けましたが、耳のあたりにちいさい造花とか飾っても楽しいかなー。

ドヤァ……(*’ω’*)
フードを外せば、カジュアルな感じで三十路男子でもオーケー!!
リボンや鈴など、デコはお好みでいろいろできると思います。

今回はリクエストいただき、自分では思ってもみなかったものを作ることができました!編み物はほんとに素人なのですが、なんとか形にすることができました。かなり勉強させてもらいましたし、楽しかったです。ありがとうございました!!

リクエストやご質問は、動画の各コメント欄や当ブログのコメント欄からどうぞ。(動画の内容に関係なくても大丈夫です)
ただし、返信はかなりの亀ですし、リクエストもすべてお答えできるわけではありませんので、あらかじめご了承ください。動画のネタ提供~♪くらいの軽い気持ちでお願いします(*’ω’*)

【編み図】ネコ耳ポンチョPart1【YouTube】

だいぶ前にリクエストいただいていた、ネコ耳ポンチョがようやく形になりましたので、編み図とともにご紹介いたします。
編み物のメイキング動画はやはり見せ方がちょっと難しいので、ぜひ編み図をダウンロードして、参照しながらご覧いただければと思います。

※編み図のご利用に際しましては、事前に利用規約をお読みください。
(型紙と同じ規約になります。)

Part1では、使用する糸や道具の説明から、
作り目→身頃までという流れになっています。
使う道具ですが、正直糸と棒針、かぎ針さえあればできます。
チューリップ社の編み物道具が可愛すぎて、使いたかっただけですね(*´▽`*)

あ、逆に紹介はしてませんが、とじ針とハサミ、定規なんかも必要です。

年明けくらいから、ミラーレス一眼で撮影しているのですが…。
どうも勉強不足で、ピンボケやら露出オーバー気味やら、見づらい動画になってしまっています。
ピンボケに関しては、F値というものを上げる(下げる?)と、ピントが合う範囲が大きくなると知ったので、設定をあれこれいじってみています。
よく見せたい!と思う箇所は、ついついレンズに近づけてしまい、結果ボケるというダメなパターンです。被写体を大きく写せるマクロレンズというのを買った方がいいのかどうなのか…。

今回は、わかりづらい箇所は別撮りでチュートリアル動画を入れてみました。

Part2では、フード部分とネコ耳付けをご紹介します。
動画は編集中です。更新まで少々お待ちくださいまし~(‘Д’)

【YouTube】JOJO展大阪行ってきました!

荒木飛呂彦先生原画展―冒険の波紋―の大阪会場に行ってきました。
ちょうど観劇遠征と時期がかぶったので、日程に組み込んでみました。
東京展から時間があいていたので、また新鮮な気持ちで鑑賞することができました。また、東京・大阪両方いけた~という達成感もあり、大満足の旅行となりました。

前回までに投稿していた、「ミニコロちゃんの旅支度」というシリーズの動画では、この旅行の為に準備をしていたんですね。
シカシ、時間がぜんっぜん足りなくて、満足に支度することができませんでした。
せっかく作った巻きスカートが、コートで全然見えないし…(*‘ω‘ *)
いずれ、ほかの動画もはさみつつ、ミニコロちゃんの旅支度シリーズは続ける予定です。考えていた服一式だけでも、作ってあげなくては~

新幹線での、けっこうな長旅でしたが、
編み物を持ち込んでせっせと編んでいたら、あっという間に到着してしまいました。大阪近いワ!

おnewのカメラをウキウキぶらさげて行きました。
帰って画像を整理していたら、ミニコロちゃんの写真ばっかりでした。
旅行を満喫しまくるミニコロちゃん。お外ロケはちょっと恥ずかしいけど、楽しいです。
上の写真は、動画の冒頭で流れていた車窓から見えていた河川敷です。
川とか海とか、自然のものって何気ない風景でも絵になりますね~。海も川も近くに無いところに住んでいるので、良いな~と思っちゃいます。

こちら、入り口にいらっしゃったDIO様。
大阪会場のメインビジュアル、原画も展示されていましたが、この絵の荒木先生の解説が凄くかわいかったです。このDIO様は、「な~んで負けちゃったかな…」とか考えているそうです。石仮面に肘ついて、DIO様カワイイです。

JOJO展会場のお隣が海遊館だったので、こちらも回りました!
水族館は大好きです。こっちだと、えのすい(新江ノ島水族館)ときどき行きます。
海遊館は、真ん中に巨大な水槽があって、それを上層階からぐるぐる見ながら降りてくる、という順路です。その見方も新鮮でしたし、ジンベエザメやイトマキエイなど、大型魚を何度もいろんな角度から見られて楽しかったです。

へんな顔の魚を集めた特別展もやっていました。
これはハコフグかな。
とあるダイビングインストラクターが、「魚は正面から見るのが最高にイイ」とマニアックなことをおっしゃっていたのを思い出しました。んーむ、確かに!正面顔、かなりキュートです。
自宅にも水槽が欲しいなぁ…。

しばらく旅行の予定はありませんが、
もしこんど関西に行くことがあれば、通天閣とか関空とか、USJとか行ってみたいです。ビリケン様なでなでして、無病息災を祈りたいですワ。

【YouTube】ミニコロちゃんに、プリーツの巻きスカート

ミニコロちゃん旅支度シリーズの3回目です。
旅行出発までに、帽子、スカート、トップス、タイツ、アウターなど、フルセットを作製する予定のシリーズだったのですが…。

けっきょく帽子とスカートしか間に合わず、新幹線に飛び乗りました。

なんとか着ていく服を探していくうちに、むかーしもう少し大きめのお人形のために作ったポシェットが出てきましたので、持っていくことに。
ミニコロちゃんが身に着けると、デカいショルダーバッグになりますね~。

じつは、カメラを新しく買いました。
はじめての、ミラーレス一眼です♪

買うかどうか、数か月悩んでいたのですが、
旅行にいくからと初売りセールで買ってしまいました。
今回の動画では、一部このカメラで撮影しているのですが、
ところどころガッツリピンボケしてしまっています。ひどいところはカットしましたが、いちぶ見づらい箇所があることをお詫びいたします。


今回のプリーツスカートは、可愛くはできたかなーと思いますが。
もうちょっと大人っぽい、シックなデザインのつもりでした。
丈をもう少し長く、シルエットももうちょっと変えて、リベンジしたいと思います。

おnewのカメラで、お人形たちをたくさん撮りたいと思います。